×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




その手を繋げば




「……あ。起きましたか?」


ゆるゆるとまぶたを開いてみれば、目に入るのは自室の天井、そして彼。

自力でベッドに横になった覚えは無いが、しかし彼がいたのなら納得がいく。


「……次はちゃんと横になれる場所で寝てくださいよ?」


窓から雨を眺めていた時の事を思い出す。

ただ窓の縁に肘を置いて頬杖をし、目を瞑るだけで寝れる自分に苦笑するしかない。


「雨は大丈夫だったのか、極」


ふとあの大雨の事も思い出して、彼が濡れずにそこにいる事に疑問を抱いた。


「ああ、それなら」


と彼はいいながら窓を見やる。

それにつられるように窓を見て、その明るさに驚き、その空に、吸い寄せられるように見入ってしまった。

数刻前の雨雲が嘘のように、空は青かった。


「やんだみたいです」


ただ青々と広がるその空を見、ふと思う。そこに「在る」という事実は不変の事、だが何故その顔は絶え間なく変わり続けるのだろう、と。


「……いい天気だ」


その言葉を口にしたのは随分と久々のような気がする。


「お茶でもします?」

「そうだな」

「行きましょうか」


差しのべられた手に手を重ね、そこに在る彼の温もりに安堵する。

ずっと触れたかった、当たり前のように繋がれた手。しかしそれは本当ならば互いを殺してしまう手なのに。

他愛ない会話に笑いながら、でも何故か心に不安が募るのを感じていた。

時々、ほんのたまに、ふとした瞬間に怖くなる時がある。

何故彼が側に居ることが当たり前になったのだろう。

“当たり前”と思ってしまう事でさえも、いけないのに。

それでも、わかりきっている答えを、無理矢理隠すように、忘れてしまえるように、笑うのだ。


「ヴィル?」


名を呼ばれる。彼には、隠しきれない。わかっていた。

封じたつもりだった不安が我慢できなくなる。そして、溢れる。

何故なのかわからない。


零れるのだ、涙が。


繋いだ手を、強く握る。

そこに在る彼の温もりを確かめる。

夢でも幻でもない。しかしこの瞬間があまりにも幸福すぎて、怖いのだ。


―――この私に幸福が与えられていいはずがない……


彼と繋いだ手と同じ手で、人を殺してきた。沢山の人間の幸福を奪った。

今感じている幸せも、うたかたの夢なのだろう。


―――なぜ私なんだ?なぜ、お前なんだ?


今更思っても遅いこと。わかっている。

そこに「在る」という事実は、変わらないのだから。


「極……」


名を呼んでみる。確かめるように。実感するように。


―――ああ、やはり私は……


たとえこの先の未来がどんな事になろうとも。この手が人を殺し続け、数多の幸福を奪っても。


「……離したくない」

「離しません、というより離すつもりさえありませんが」


手を握り返してくれる。

そして安堵する。

なぜ出会ったのか、とか、なぜ敵なのか、と思うにはもう遅すぎた。


「……じゃあ離れられるはずがないな」

「当たり前です」


離れられないくらい、側に居すぎて、当たり前になってしまって。

幸せを、ほんの少しの間でも感じる事ができるなら。


この手を、ずっと繋いでいたいと、願った。















―――――


何故か「絆」と似た感じの仕上がりになりました。
似てるだけで、繋がってはないんですけどね。

この話はリハビリその2です。ぶっちゃけ真面目にプロット組んだりして考えてません。思い付くまま、流れにまかせて書きました。
なので、おかしいところがあると思います。判りづらかったかも…?

小説って本当ムズカシイです…。

とりま、ヴィルが可愛ければそれで良いryすみません←

ここまでお付き合いいただいてありがとうございました!

08/08/11






back /  next

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。