×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




悪夢




「ヴィル、もうこれ以上は無理だ」



最前線にいた彼が、そう報告した。

無理もない。この戦は、始めから負けが決まっていた。

ただの時間稼ぎの戦い。負けるために戦っている。

しかし、その捨て駒として死んでいく同胞を見るのが耐えられなかった。



「ジャック、全軍に撤退を伝えろ。」

「ヴィル、まさかアレを……」

「止めるな。命令だ。」



ジャックは何か言いたげな様子だったが、言葉を殺し、撤退を告げる弾幕を上げる。

それと同時に、ヴィルヘルムは敵軍の方向へと歩みを進めていた。

傷つき、血を流す自軍とすれ違いながら、ヴィルヘルムは一人、敵軍へ向かう。

やがて、撤退する自軍を追うように現れた敵軍と対峙すると、ヴィルヘルムは、その呪詩を唱えた。



そして、全てが闇に包まれた。







何も、無い。暗闇の中。

ただ一人、闇の中を彷徨っていた。

歩いても歩いても、あるのはただ闇ばかり。

しかし、何かにつまづいて、足を止める。

何につまづいたのか、と、足元を見てみると。

血で汚れた、白い、腕。

気がつけば、そこには死体が広がっていた。

赤く染まった死体がいくつも折り重なって、地を埋め尽くしている。

空までもが、赤い。全てが、赤く染まっているかのようだった。

自身の手を見やる。

赤い。

身に纏う服までもが赤く染まっていた。



―――私がやった。



そう、確信していた。

これだけの人間を殺した記憶は残っていない。

だけど、何故か、わかっていた。



―――私の魔力。私の魔術が。



これだけの人数を一度に殺せる力など……自分の罪深き力以外にあるはずがない。

だって……そうやって、人を殺して、今まで生きてきたのだから。



―――私が殺した……!



声が聞こえた。

泣き叫ぶ声。許しを請う声。怨念のこもった声。恨みを訴える声。

それらが、折り重なって、響いて、こだましていた。



「……ごめ……なさ……」



その声はあまりにも小さすぎた。

しかし、謝っただけでこの罪は許されるだろうか?

これだけの命を奪っておきながら、許してもらえるのだろうか?



死体から響いている声が、段々と大きくなっていく。

恐ろしくなって、耳を塞いでも、聞こえてくる。

その中に、自分の名を呼ぶ声が。



その声は、知っている。



幾度と聞いた、愛しい声。

ああ、まさかその人でさえ私は手にかけたのだろうか?



「ごめんなさい……!」



やっとで絞りだした声も、数多の声にかき消されて。

息が苦しかった。胸が締め付けられるようで、涙が出た。



名を呼ぶ声が、また聞こえた。今度は、はっきりと。



「ヴィルヘルム」



目が覚めた。また暗闇の中。

しばらく何が起こったのか判らなかった。

ただ、そこには死体はなく、自分は横たわっているのだ、という事は理解できた。



「ヴィルヘルム、起きましたか」



その声には安堵が含まれていた。先ほど聞いたあの声で。

闇に目が慣れてくると、彼が不安そうな、でも少し安心した、という表情が目に入る。

彼の顔を認識して始めて、自分が夢を見ていたのだと、気づいた。



「わたし、は……」

「随分とうなされていたようですが……悪い夢でも?」



悪い、夢。

あの夢は、あの魔術を使うと必ずといっていいほど見る夢だった。

全てを闇に包み、消し去る術。

この魔術を食らった人間は、文字通り消えてしまう。

大量虐殺の為の魔術。

だから、ヴィルヘルムはこの魔術を嫌っていた。



「私は、また、あんなにたくさんの人を殺した」

「戦なのです。仕方ありません。」

「私は、あんなにたくさんの命を奪った」

「そうするしか道はなかったのでしょう?」

「私が……私が、死ねばよかったのに……!」



悲しくて、涙が止まらなかった。

何故、つまらぬ戦に巻き込まれた哀れな兵が、命を失わねばならないのか。

彼らにだって、大切なものがあったはず。守るべきものがあったはず。

なのに、あっけなく自分に殺されて。



「……そのような言葉は言ってはいけません」

「けれど私は!生きていても、また人を殺すのだろう!生きる価値さえもない!死ねばよかったんだ!あの戦で!」

「ヴィルヘルム!」



感情的になったヴィルヘルムを静止した彼の声は、少し震えていた。

少し怒っていて、少し悲しんでいて。そんな声をしていた。



「貴方が死んだら、僕が悲しみます。だから、そのような事を言わないでください。」



落ち着いた、静かな口調で、彼は言った。



「私が死んだら……お前が悲しむ?」

「ええ。」



初めて言われた。

死んだら、悲しんでくれる人がいるなんて。

高ぶっていた感情が、落ち着いてきた。

今なら冷静に考える事ができる。あのような言葉は、言うべきではなかった。



「……すまない、極卒」

「いいえ。貴方がもう、死にたいなんて言わなければ良いのです」



そこまで大事に思われているのだと感じるのは初めてだった。

人を殺してばかりの自分。人に恐れられている自分。

そんな感情ばかりを受けていたから。



「貴方を、愛していますから」



静かに、そっと呟かれた言葉は、胸の奥まで響いていくような。



―――ああ、これが愛なのか……



心地よい気分だった。身体が安らいでいく。

眠気が、また襲ってきた。



「……極卒、」

「何でしょう」

「私が眠れるように、側にいろ」

「言われずとも、朝まで側にいるつもりでしたよ」



おやすみなさい、と極卒は額に口付けをくれる。

良い夢を見られそうだと、少し笑って、瞼を閉じた。


















―――――


ヴィルが悪夢にうなされてたら萌えるなーって思ってたんです。

一応、「安らかな眠りの為の」と繋がっている感じ。

安らかな眠りの為の悪夢、とかそんな感じ。



ヴィルはあの魔術を使うと鬱になるんです。

鬱なヴィル。萌える。書いてみたかった^^←



08/03/14







back /  next

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。