×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




安らかな眠りの為の




少し眠れずにいて、しばらく寝台から窓の外の月を眺めていた時の事だった。

控えめに扉を叩く音が、そしてその後すぐに小さく扉が開いて、彼が姿を現す。





「極卒……起きている、か?」

「ヴィルヘルム、一体どうしたのです」



彼は極卒が起きている事がわかると、質問には答えずに部屋に入るなり、真っ先に極卒の寝台へと潜り込んできた。

何事か、と思いつつ、しかし、彼からやってくるなんてめずらしい。

冗談でも言って少し彼をからかおうか、と思いを巡らせて布団を除けてみたが。



「ヴィル……?」



彼は震えていた。

身を小さく丸めて、自分を抱きしめるように腕を強く抱いて、震えていた。



―――また例の夢を……。



彼が夜中に悪夢を見て目覚めてしまう事があるのは知っていた。

しかし、その強大な魔力から同じ組織の人間からも恐れられている彼が、悪夢ごときでこんなにも小さく、弱く震えるなんて。



―――……僕は何もしてあげられない。



小さく震える彼を、慰めるように、その髪を撫でる事しかできない。

彼が落ち着くまで、彼が安らかに眠れるまで、側にいてやれることしかできない。



「ヴィルヘルム」



虚ろに暗闇を見つめるだけだった彼が、その声に反応してこちらを振り向いた。

その瞳に映る恐怖。その恐怖を分かってあげる事ができない自分が腹立たしい。



だけど、せめて。その恐怖が和らぐなら。



恐怖で強張った顔を優しく撫でてやり、そして両の手で包み込んで。

軽く触れるだけの、口付けを。

始めは抵抗しようと、極卒の手を掴んだ彼も、何故かその手から力は抜けていって。

軽く触れるだけで済ませようとしたキスも、離れがたくて。

ゆっくり、唇を離して、彼の顔を見やると、そこにはもう恐怖の表情はなかった。



「震え……止まりましたか?」

「あ……」



彼は恐る恐る自分の両手を見やる。

空中にかざした手に、震えは無かった。



「良かった。もう眠れますでしょう?」

「……極、」



少し不安の残る声。

彼の言葉に耳を傾けようと、極卒は待つ。



「どこにも、行くな」

「……勿論です。貴方が望むなら尚更。」



その答えを聞き、安心したのか、彼は目を閉じると静かに寝息を立て始めた。

愛しい寝顔を眺めながら、もう一度額に口付けを落とした。



悪夢から彼を守ってくれますように、と。

どうか、良き夢を見られますように、と。
















―――――


ありがちなネタですみません…

震えるヴィルが書いてみたかったの!ただそれだけなの!←



08/03/14







back /  next

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。